lamp

Chaptersについて

チャプターごとのご説明

Chaptersは、お客様ご自身の
チャプター(物語の章)が進む
ようにお楽しみ頂ける
月額制の書店です。

C hapter 1
-Bookstore -
chapter-1-img

毎月のテーマに合わせて選書される4冊の文庫本の中から本を選択。お支払いを済ませて本を受け取り、読書をお楽しみください。

直感や感性を大切にするために、本は一部著者やタイトルを隠した状態でお選びいただきます。

C hapter 2
-Meet people -
chapter-2-img

簡単な質問に答えてプロフィールを作成すると、ビデオチャット(=アペロ)に参加できます。

アペロは夕暮れ時の20分間のみ、最初は互いに顔が見えない状態から始まるため、話が合わないと感じれば顔を見ずに終了することも。同じ本を読んだ者同士、感想を伝え合うささやかなシェアの体験によって、あなたの読書を彩ります。

C hapter 3
-Be Friends! -
chapter-3-img

もっと相手と話をしたいと感じた場合、連絡先を交換して新しい人間関係を始めてみましょう。

連絡先は、あなたのメールアドレスやSNSアカウントなど、お好きなものを選べます。

1冊の本での出会いをきっかけに、共通点がもっと見つかるかもしれません。

Chaptersが描く、

理想の読書のかたち


logo-img

えらばない

自分ひとりで選ぶ本は、どこか似通ってくるもの。ときには誰かの選書を信じて、あなたの本棚に新しい風を。

ひとりじゃない

一人で読みふける時間も好きだけど、誰かと楽しむ読書があってもいい。だから同じ本を選んだ人同士が、毎月オンラインでつながれます。

がんばらない

気軽に続けるためのご褒美を。毎月の本選びがフィードバックされ、 出会える本も人も、だんだんとあなたにマッチしていきます (サービス開発進行中。ご期待ください。)

選書について

logo-img

Chaptersが取り扱う本は、東京・丸ノ内KITTE内にある書店「マルノウチリーディングスタイル」で働く現役書店員と共同で行い ます。毎月設定したテーマに合わせて持ち寄った数十冊全てを、Chapters運営チームが読破。

以下項目の観点より、厳選された4作品のみを毎月取り扱います。

  1. フィクション・ノンフィクション問わず文庫作品であること
  2. エンタメ作品としての読みやすさ(目安:冒頭100ページの間に作品に入り込めるか)
  3. 誰かと感想を話したくなる読後感
  4. 教養としての読む価値
  5. (ごく稀に)上記に当てはまらずとも、選書者のうち誰か1人の強烈な推薦本

本の好みは千差万別ですが、お客様の大切な時間、読み終えた後に残念な気持ちにならぬよう、プロの書店員が選書した本を更に、 Chapters運営チームがお客様を代表して味見します。

不定期でゲストを迎えた選書も計画中。こちらもお楽しみに。

アペロ?

logo-img

Chaptersでは、ビデオチャットをアペロと呼びます。

アペロとは、フランス語「アペリティフ(食前酒)」の略で、日本でいう0次会やさく飲みといったところ。

ディナーが始まる前にさくっと一杯、おしゃべりや飲み物を楽しむことで、ディナーがより一層待ち遠しくなると考えられています。

お客様の日常を尊重するため、Chaptersではアペロの文化に倣い、夕方~ディナー前をお客様同士が繋がる時間にしたいと考えました。

どうぞお気軽に、ご参加ください。

招待コード?

logo-img

Chaptersをご利用されるお客様には、会員登録後一人ひとりへ招待コードが付与されます。

招待コードを受け取った方は【初月150円引き】にてChaptersをお得に始めることが可能です。

招待コードを渡したお客様ご自身は、【リクエストアペロ(2021年春ローンチ予定)に無料でご参加いただける回数チケットをお一人様ご紹介につき1枚ずつ贈呈】させていただきます。ご紹介は何名様でも可能です!

Chaptersは、広告費をかけず小さなチームで運用中です。サービス継続のため、周りのお知り合いヘお勧め頂けますと大変嬉しく思います。

logo

運営よりご挨拶

logo-img

本棚で手と手が重なるような偶然の出会い、に憧れて創業した会社・MISSION ROMANTICは、 前身のサービス・MISSION ROMANTIC bookの運営を経て、2020年12月よりChaptersをオープンします。

読みたい本や好きな人のタイプ、自分の好みを言語化するのって実はとても難しいことだと思うんです。 Chaptersでは、お買い物という日常の何気ない行為の延長線上に、ものや人との偶然の出会いの予感を取り入れることで、お客様が感覚的に利用できるサービスを目指しました。

テクノロジーの力を借りて、映画のワンシーンのような日常の瞬間を、お客さまの生活の中に作り出したいと思っています。

私自身が求めていたサービス、運営代表ではありますが、皆さまと一緒に読書を楽しめることが何より嬉しいです。

これからどうぞよろしくお願い致します。

株式会社MISSION ROMANTIC代表

森本萌乃

greeting-image