旬な情報先取りサイト

大人用おむつのおすすめ商品比較とサイズ・種類別の選び方

アウター(外側のおむつ)を選ぶときのポイント

アウター(外側のおむつ)を選ぶときのポイント

大人用オムツと言ってもその選び方や使用用途をちゃんと理解する必要があります。
大人用オムツを選ぶときの手順としてはまず初めに「アウター(外側のオムツ)」を選びます。
アウターには2種類存在し、

①パンツタイプ
パンツタイプは一人で歩いてトイレに行ける人、手助けがあればトイレに行ける人、排せつの手伝いが必要な人までその使用用途は幅広くあります。
比較的動きやすく外に出歩するさいに着用する人も多くいます。

ただし交換に手間が掛かるため介護者が必要な場合はオムツ交換に時間が必要となってくるでしょう。また、パンツタイプのオムツを履くことを嫌う方には薄型の下着感覚で装着できるパンツ止めタイプのオムツも存在します。

②テープ止めタイプ
パンツ止めタイプに比べると尿の吸収率が悪くなってしまうのですが一番のメリットはオムツが交感しやすいという点にあります。
ただし寝たきり介護の場合などの横になった状態での交換に向いており、起こすのに助けが必要な場合に使用すると介護者の負担は軽減されます。

インナー(内側のパッド)を選ぶときのポイント

インナー(内側のパッド)を選ぶときのポイント

オムツの「アウター(その側のオムツ)が決まったらつぎ「はインナー(内側パッド)」を選びます。
これは尿とりパッドと呼ばれるもので、オムツを必要としな人でも尿意を感じてからトイレに行くでに漏らしてしまう人も使用しています。
インナーには大きく分けて2種類あります。

①パンツタイプ用
パンツタイプのオムツと一緒に使用することで頻繁にパンツタイプをまるごと交換する必要がありません。インナーのみを交換することもできるので、外出時など本人が交換する際に便利です。パンツタイプと組み合わせることで快適に過ごすことができます。

②テープ止めタイプ 昼用
寝て過ごす人の為に蒸れにくい設計になっています。
尿を3回から4回吸収できるため昼間も活動しやすい形になっています。

③テープ止めタイプ 夜用
また基本的に薄型が多く快適にすごしたい人にはおススメです。
尿を4~6回吸収するような素材が使われており、横になって長時間過ごす際に使われ尿漏れがしやすい工夫がされています。

パンツタイプのサイズ選び

パンツタイプサイズの大きな特徴は介護を必要としない人から寝たきりの人まで幅広く使えることです。

ただし、どのような人が使うにしても適切なサイズのオムツを選び使用しなければ尿の吸収効果は薄く尿漏れの原因になってしまう可能性があります。

パンツタイプを選ぶときは基本的はウエストを基準に選ぶ必要があります。なぜなら大きめサイズのオムツを選ぶと尿漏れの原因になることがあるからです。
そして気を付けたいのが本人の着用感です。ゴムの部分がキツそうに見えたりしてもそれは本人にしかわからないことです。

ですので介護をされるかたは本人の意見を聞いたうえで判断する必要もあります。
しかしオムツを付けている本人が交換をする場合、オムツを大き目のサイズにしておくと着脱時に脱ぎやすくなります。その場合インナーを交換するのも本人であるため本人と相談をしながら決めるのも手です。

パンツタイプのオムツを付けるということを恥ずかしがる方もいらっしゃいます。ですのでも一緒に考えることができる状態であれば話し合っておくことも必要です。

テープ止めタイプのサイズ選び

テープサイズ止めサイズのオムツは介護者のオムツ交換の際に負担が少なく便利ではあります。パンツタイプのオムツとは違い横になった状態での交換ができ装着感も悪くありません。

ただ、その装着感が楽であるという理由から大き目のサイズを選んでしまうこともあります。ただ大き目のサイズを選ぶと尿を吸収する効果が薄れるため漏れの原因になってしまいますので本人に合った適正サイズを選ぶことが重要になってきます。

また、合わないサイズであれば蒸れたり、あせもの原因になることも考えられます。
基準として腰回り、脚回りに指を一本入るかどうかを確認して、指が一本入るのであればちょうど良いサイズということになります。

そして座った状態で腰回り足回りはどうなっているか、横になった状態はどうかを確認し、きつすぎて腰回りや脚回りが赤くなっていないかを気を付けながら調節し、本人と会話ができる状態であれば装着感の感想を聞いたりすると良いでしょう。

医療費控除を上手に活用

医療費控除とは確定申告の際に申告することで所得税の一部が環付される制度のことを言います。対象となるのは本人と生計をともにする配偶者や家族に適応されます。

本来は病院での治療代や薬代のみに適用されると思いがちですが大人用のオムツも申請すれば医療費として適用されます。

医療費控除の対象となるのは「大人用オムツ」の「パット類と紙おむつ」です。ただし申告するには医師が発行したおむつ使用証明書が必要になりますが、「自力でトイレに行くことが出来る」場合や「「外出・就寝時にのみオムツを着用している」といった場合は医療費控除の適応外となります。

計算方法は?

「世帯ごとにかかった医療費+おむつ代」-「生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額医療費・家族医療費・出産育児一時金など」

となり、医療費控除として申請できるのは上記の金額が10万円以上、もしくは総所得税などの5%の金額の場合のみ申請が可能となります。

おすすめの大人用おむつ

それでは大人用おむつのおすすめ商品をご紹介します。

各メーカーそれぞれ特徴が異なるので比較して自身にあった大人用おむつを選んでみてくださいね!

リリーフ パンツタイプ 安心のうす型(一人で歩ける方)

リリーフ パンツタイプ 安心のうす型 M~L

リリーフ パンツタイプ 安心のうす型 M~Lの特徴

  • トイレより紙パンツにすることが多い方向け
  • うす型なのにしっかり吸収するから安心。
  • 「股下フィット吸収体」が股からのモレガード
  • 銀(Ag)含有の抗菌消臭成分配合で雑菌の繁殖を抑えニオイを防ぐ
  • 下着のようにスルッとはける設計

 

ライフリー パンツタイプ うす型軽快パンツ(一人で歩ける方)

ライフリー パンツタイプ うす型軽快パンツ

ライフリー パンツタイプ うす型軽快パンツの特徴

  • 柔軟仕上げの新改良やわらか素材で下着らしさ、肌への優しさを向上した介護用おむつ
  • ライフリーパンツシリーズの素材自体の強度・快適な伸縮性は維持し、パンツの基本機能である上げ下げのし易さ・丈夫さは従来通りを維持
  • やわらかさがアップした、下着のようなはき心地のおむつ

 

サルバ Dパンツ しっかりガード 長時間 男女共用(立てる・座れる方)

サルバ Dパンツ しっかりガード 長時間 男女共用(立てる・座れる方)

サルバ Dパンツ しっかりガード 長時間 男女共用の特徴

  • 素肌と同じ弱酸性素材の大人用オムツ
  • 大人用オムツのアウターにおいて弱酸性素材を配合
  • 肌に近い弱酸性素材を配合した低刺激性のパンツタイプ
  • 実質吸収量アップで、より長時間にも耐えうる設計

 

アテント 消臭効果付きテープ(寝て過ごす事が多い方)

アテント 消臭効果付きテープ

アテント 消臭効果付きテープの特徴

  • 背モレ・横モレ防止ポケットが寝ているときの背中からのモレもしっかり防ぐ
  • センターライン(中心線)でおむつの中心と体の中心を合わせて正しく装着
  • 通気性サイドシートが、布のように新鮮な空気を通す
  • 吸収ポリマーが、尿と一緒にアンモニアなどのニオイをしっかり吸収

 

リリーフ パンツタイプ 超うす型まるで下着(一人で歩ける方)

リリーフ パンツタイプ 超うす型まるで下着

リリーフ パンツタイプ 超うす型まるで下着の特徴

  • 木綿のようなやわらかさの「超うす伸縮素材」を採用
  • 生地自体が伸び縮みするので、まるで下着のはき心地
  • ズボンの上からも目立たない
  • 銀(Ag)含有の抗菌消臭成分配合で雑菌の繁殖を抑えニオイを防ぐ
関連記事
No articles