旬な情報先取りサイト

三春滝桜の開花状況と見頃&アクセス情報

三春滝桜

福島県三春町にある三春滝桜は幹の太さは11m、高さは13.5mあるベニシダレザクラの巨木です。樹齢は1000年以上と言われ、「日本三大桜」の一つに数えられ国の天然記念物に指定されています。

三春町の滝地区にあること、四方に広げた枝から流れ落ちる滝のように花を咲かせることからこの名がついたそうです。「日本さくら名所100選」にも選ばれているこの桜は、春になると見事な薄紅色の花を咲かせ訪れた人の目を楽しませています。

2011年の東日本大震災では小枝が数本折れたものの大きな損傷はなく、現在でも変わらぬ雄姿を見ることが出来ます。福島第一原発事故の影響で一時は訪れる観光客が激減しましたが、年々かつての賑わいを取り戻しつつあり復興のシンボルにもなっている三春滝桜を見ようと県の内外から多くの観光客が訪れています。

開花予想・見頃について

見ごろは例年4月上旬から中旬頃です。2016年は例年よりも開花が早く4月4日に開花し、10日満開を迎え、18日には葉桜となりました。近年は温暖化と暖冬の影響で開花時期が例年よりも早い傾向にあります。

開花時期は冬の寒さによってかなり前後しますのでテレビや新聞で確認し、4月10日前後を目安に三春を訪れましょう。また三春町観光協会のHPからライブカメラの映像を見ることが出来るので大いに参考にしましょう。

ライトアップについて

三春滝桜は普段の季節は無料ですが、桜の開花時期は観桜料が必要になります。料金は大人300円、中学生以下は無料です。時間は6:00から18:00(ライトアップ期間は~21:00)までで、休みはありません。

設備について

近くには売店があり地元の名産品を始めとする飲食物などが販売されています。周辺には遊歩道が整備されており美しい桜を見ながらのんびりと散策を楽しむことが出来ます。

トイレは仮設を含めて7箇所設置されています。

駐車場は850台収容可能で無料で利用できますが、特に土日は混雑が激しく9時頃には満車になることもあります。出来るだけ三春駅から臨時のシャトルバスを利用しましょう。駐車場から緩やかな坂を10分ほど登ると到着です。

入場料について

昼の三春滝桜も迫力満点ですが、夜桜もとても魅力的です。その美しさはまるで絵画のようで昼とはまた違った艶やな桜を楽しむことが出来ます。開花時期に合わせてライトアップが行われ時間は18:00~21:00です。

アクセスについて

鉄道を利用する場合はJR磐越東線三春駅からバスで20分、桜の開花期間中は三春駅から有料シャトルバス滝桜号が運行されます。

車の場合は磐越自動車道・船引三春ICから国道288号経由で15分です。

三春滝桜は東北でも有数のお花見スポットで、開花時期には周辺の道路が大変渋滞し、三春町内では交通規制も行われます。出来れば公共交通機関とシャトルバスを利用しましょう。