旬な情報先取りサイト

北上展勝地の桜(さくらまつり) 開花予想とライトアップ情報

北上展勝地

展勝地は岩手県北上市にある北上川東河畔に広がる公園で桜の名所です。

青森県の弘前公園、秋田県の角館武家屋敷と並び「さくらの名所100選」や「みちのく三大桜名所」にも数えられています。

珊瑚橋から2キロにわたり桜並木があり、293万平方メートルの敷地内にはソメイヨシノなど約150種類、約1万本が植えられています。毎年4月10日から5月5日まで「北上展勝地さくらまつり」が開催され日本全国から多くの観光客が訪れることで有名です。

期間中は北上川を遊覧船と渡し船が運航されるほか、レトロな雰囲気の観光馬車も走り、また夜には桜並木がライトアップされ昼とはまた違った幻想的な雰囲気を楽しむことが出来ます。

開花予想・見頃について

岩手県は桜前線の到来が東京よりも1ヶ月ほど遅れることが多く、その冬の寒さによって開花時期がかなり前後する傾向にあります。

テレビや新聞で桜の開花予想を確認してから訪れましょう。展勝地での桜の見ごろは例年4月中旬から下旬までです。

ソメイヨシノは4月中旬ごろから咲き始めます、カスミザクラは5月上旬まで咲き、見ごろのピークは過ぎますがゴールデンウィークもお花見を楽しむことが出来るのは嬉しいです。

「北上展勝地さくらまつり」も5月5日まで開催されています。

北上展勝地さくらまつりホームページ
http://sakura.kitakami-kanko.jp/

入場料について

展勝地は市の公園のため入場料は無料です。終日、誰でも立ち入ることが出来て自由にお花見を楽しむことが出来ます。ただし駐車場は有料になりますので注意してください。また付近には「展勝地レストハウス」が営業しています。

設備について

公園の南側の県道14号線に面して510台収容可能な有料駐車場と二か所のトイレが設置されています。

桜まつりの開催期間中は道路が渋滞しますので、北上川を隔てた北上駅東口駐車場に車を停め渡し船を利用するのも渋滞回避策のひとつです。北上駅東口駐車場は399台収容可能で料金は時間制になります。

また、桜まつりの開催期間中は展勝地公園の南出口に設けられた臨時案内所を利用することが出来ます。付近には「展勝地レストラン」が営業しています。

このほか公園内には、「みちのく民俗村」や 「サトウハチロー記念館」、「利根山光人記念美術館」、「国見山極楽寺遺跡」など がありお花見と合わせて見学することが出来ます。

ライトアップについて

展勝地ではさくら祭り開催期間中に桜並木のライトアップが行われ、昼とはまち違った幻想的な夜桜を堪能することが出来ます。桜のライトアップは開催期間中は毎日行われ、18:00から21:00までの時間となります。

アクセスについて


展勝地へのアクセスはJR東北新幹線・東北本線北上駅東口から徒歩20分です。徒歩の場合は珊瑚橋を渡ってすぐの公園入口から入場することが出来ます。

車の場合は珊瑚橋を渡り県道14号線に出て南に進み公園南出口付近にある駐車場を利用します。さくら祭り開催期間中は珊瑚橋付近の道路が渋滞しますので北上駅東口駐車場を利用し渡し船を利用すれば5分ほどで展勝地へと行くことが可能です。