旬な情報先取りサイト

姫路城の桜 開花予報と見頃&ライトアップ情報

姫路城の桜

暖かくなってくると外に出て、お出かけしたい気分になってきますよね。春にお出かけしたい一番のスポットはお花見だと思います。

ブルーシートを引いたり屋台を食べたり…いろんな楽しみはありますが、とっても空が澄んだ日にいつまでも見ていたいそんな絶景のお花見スポットを本日は紹介していきたいと思います。兵庫県の姫路城にあるお花見。

姫路城は誰しもご存知だと思いますが、その絶景といったら素晴らしいものです。混雑したりポイントがあったりしますので、今回の記事を読んで行かれる前の参考にしてからお花見に行ってみてください!

姫路城について

姫路城の始まりは1346年に姫山に築いた小さな山城を城主たちが3度改築・改修を重ね大きく姿を変え、1618年に西の丸が増築されて現在の形がほぼ完成しました。

国宝・姫路城は、日本の名城と言われ築城400年の歴史をもち、鷺(サギ)が羽根を広げたような形から「白鷺城」とも呼ばれ1992年に城郭建築の最高傑作として世界遺産にも登録されました。

姫路城は国宝の大天守が2009年から修理に入っており、その工事が2015年の3月18に終了し、3月27日には一般開放が開始されました。修理し終わった今美しい姫路城を再び見ることができる絶好のタイミングです。

開花予想・見頃について

ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど約1000本の桜が内堀23万平方メートルに植えられ、姫路城の天守閣や白壁に映える景色は、「日本の名所100選」にも選ばれています。

城内の見どころとしては、三の丸広場の桜並木、西の丸庭園のシダレザクラを中心とした桜林、三国濠、菱の門周辺、姫山公園お濠沿い桜、喜斉門前広場や三の丸広場高台の桜林など、多数あります。

中でも私が好きなのは、桜を手前にお堀を破産で姫路城をバックで映る眺めです。桜のピンクと空の青と城の白のコントラストの何とも言えない美しさ・存在感で聳え立っています。是非快晴の日にお出かけしてみたいスポットですね。

例年3月下旬から開花し始め満開は4月上旬のようです。観桜会と呼ばれている桜まつりは4月第一土曜日の10時~16時と1日だけとなっています。

「三の丸広場」で琴の演奏や勇壮な和太鼓演奏が披露され、姫路市内の蔵元のお酒やお花見菓子、弁当などが販売され、手ぶらでお花見を楽しむことができるのです。混雑するのは承知の上せっかくの桜まつりに出向いてみてはいかがでしょうか。

入場料について

入城料金:大人(18歳以上)1000円、小・中・高生300円(公園内は無料、夜桜期間中は西の丸庭園のみ無料開放)例年1~2万人来城するようで大人気です!全国14位、兵庫県内では1位の人気。

9時~16時が営業時間となっていますが、春から夏にかけては17時までと1時間延びています。
駐車場有り、582台収容可能収容可能。料金は3時間600円、3時間超1日900円です。

メインの駐車場と少し離れた大手前公園地下駐車場、イーグレ地下駐車場、白の北駐車場、姫路駐車場など駐車場もたくさんありますので、停めれそうなところをめがけて行ってみてください。

飲食について

お城がありますし、国宝・重要文化財に指定されているのでもちろんバーベキューをすることはできません。

しかし前にもお話ししたように桜まつりではお弁当などの販売もありますので、十分に楽しむことができると思います。姫路城ならではの楽しみ方で楽しんでみてください。

ライトアップについて

https://twitter.com/hyakuman350/status/719132533426786304

例年4月上旬を予定しています。時間は18時~21時となっています。特におすすめなのが夜桜です。夜桜会とも呼ばれ、普段は立ち入ることのできない夜の西の丸庭園が無料開放されているので、昼とは違い夜空とライトアップされた桜の組み合わせは最高に美しい光景です。

ほかにも姫路城大手門公園の隣にあるイーグレ姫路が穴場スポット。先ほど駐車場でお話ししたイーグレ地下駐車場と同じですので、イーグレ姫路に後から行かれる方は、最初からここに駐車しておくというのも手ですね。

ガラス張りの建物なので姫路城を見ることができますし、ライトアップを見ながら食事をされたい方は、4階にあるレストランイーグレミレで食事をされながらライトップを見るという素敵な時間を過ごしてみてください。

イーグレ姫路には屋上庭園もありそこから見る姫路城のロケーションも抜群!屋上庭園は午後6時までの開放ですので、時間に注意してください。

アクセス

電車

JR山陽新幹線「姫路駅」及び「山陽電車」下車後 徒歩約25分
(最寄駅:山陽電気鉄道 山陽姫路)

山陽道山陽姫路東IC から国道372号経由6㎞30分
山陽道山陽姫路東IC~播但連絡道路花田ICより徒歩約15分
姫路バイパス中地ランプより約20分

桜の時期は駐車場町の混雑で車の列ができるほど、車で来る方も多いようなので、事前に駐車場情報をチェックしてスムーズに入れるように工夫されるか、いっそのこと諦めて公共交通機関を利用した方が賢いかもしれません。