旬な情報先取りサイト

烏帽子山公園の桜開花状況と見頃&ライトアップ情報

烏帽子山公園

だんだん暖かくなってくると、話の話題となるのが、桜の話。日本に生まれたからには、毎年お花見は欠かさないという方ばかりではないでしょうか。

日本各地で桜が咲くのであれば、ぜひその土地土地の桜を堪能して、全国の桜を制覇するというのはどうでしょうか!

今回は桜だけでなく、温泉好きもハマってしまうそんな場所山形県の烏帽子山公園のお花見についてご紹介していきたいと思います。

烏帽子山公園の特徴

山形県南陽市にある烏帽子山公園は明治時代に地元有志によって作られた公園です。烏帽子公園とは面白い名前がついていますが、みんなが楽しむ公園という意味でつけられました。

公園整備の時、桜を植樹したのが始まりで烏帽子山公園には現在は約1,000本の桜が咲き誇っており「日本さくら名所100選」にも選ばれています。烏帽子山公園の桜は山形県内4位の人気の高いお花見スポットです。

樹齢120年あまりのソメイヨシノをはじめ25種類ほどの桜があり、咲く時期が多少異なるため、長期間にわたって楽しむことができます。中でもシダレザクラ、ソメイヨシノ、カスミザクラ、エドヒガンが多くあります。カスミザクラは一般の公園では、見かけることはないので珍しい桜だと思います。

ソメイヨシノに比べシンプルな花ですが、よく見ると花柄に短い毛が生えているのが特徴なんです。こうして桜の種類ごとで見比べてみると、とっても面白いですよね!せっかく25種類もの桜の木が集まっているので、桜博士になった気持ちで、見比べながらお花見するのも楽しそうです。

桜について

開花状況・見頃について

桜の見どころ期間は4月下旬から5月上旬となっています。4月中旬から5月上旬に赤湯温泉桜まつりも開催されます。桜まつり開始初日には夕方5時よりライトアップの点灯式が行われます!またほかの日にちにもいろんな催し物がありますので、観光ホームページで確認してみてください。

見どころ

烏帽子山公園には「一目千本」と言われる桜の名所があり、見渡す限り一面に桜の花でピンク色に染まります。

それだけでなく大鳥居の右下には、シダレザクラがあり町の天然記念物に指定されていた樹齢500年を超える大木がありましたが枯死したため、現在は二代目の桜の木が、一台目に負けず劣らず咲きほこっています。他にも見どころは「桜句碑」や「輪廻の桜」が見どころです。

花咲か爺さん!?

とっても面白いのが、なんと桜の木の上に民話に登場する「花咲か爺さん」が出迎えしてくれます。わかりやすくいてくれるのですが、初めて見る方はびっくり!誰かが木に登っているかと思う方がほとんどですが、よく見たら花咲か爺さん。

しかし、花咲か爺さんが本当に桜の木に上っている姿は面白く、子供のころから知っているお話しに登場するので、大人がみても子供が見ても、とてもほっこりします。隠れミッキーのように探してみて下さい。

すぐ近くに赤湯温泉街

お花見後は、烏帽子山公園を出てすぐ下がなんとも嬉しい「赤湯温泉街」となっており、10以上の温泉旅館がありますので、お休みをとって旅館に1泊し、日頃の疲れを山形名物の米沢牛や鯉のうま煮、お酒などを堪能してから帰るのも一味違ったお花見になるのではないでしょうか。

入場料について

入園料はかかりません。無料となっていますので、満開頃に足を運んでみてください。

駐車場は完備されており、150台収容可能。普通車は駐車料金200円必要となります。(バスは駐車料金1000円)

昨年は12万人の方が桜を見に来られました。トイレは2か所しかありませんので、お花見をする際はトイレの場所も確認しておいてください。

設備について

残念ながら烏帽子山公園では、バーベキューなどの設備は整ってないようです。ですが、屋台なども出店するようですし、それほど混雑していないので、ブルーシートを広げてゆっくりとお花見をすることができそうです。

ライトアップについて

ライトアップの時間は18時~22時までです。(4月中旬~5月上旬、開花状況によって変更あり)

大きな鳥居と桜がコラボしたライトアップの美しさは、格別でとっても見ごたえがあります。鳥居周辺だけでなく、ライトアップは桜の木にそって、提燈やぼんぼりなどによってライトアップされています。

明かりがとてもほんわかしていて、お昼にもまして夜桜が一層美しく映ります。お昼のみでなく夜桜でもお花見を楽しんでみてください。

アクセス

電車

JR赤湯駅から徒歩20分

東北自動車道「福島飯坂IC」下車後、国道13号を南陽市方面に約1時間

山形自動車道「山形蔵王IC」下車後、国道13号を経由して約50分

東北中央自動車道「上山IC」下車後、国道13号を経由して約30分

公園内は階段がたくさんあるので、高齢者の方にとっては上まで登るのに少々不便かもしれません。上まで登ってしまえば、神社前から赤湯市街一帯の眺望を見渡すことができとってもきれいな景色と桜を見ることができます。