旬な情報先取りサイト

円山公園の桜 開花予想と見頃&ライトアップ情報

円山公園 桜

春が近づくとそわそわしてくるのが「お花見」ですよね。桜を見ると春だと実感します。お花見の楽しみは桜だけでなく屋台やお酒なども!そんなみんな大好き、お花見についてです。今回は京都の円山公園のお花見情報をお伝えしていきたいと思います。

円山公園の桜の特徴について

京都で初めて造られた公園が円山公園なんです!ご存知でしたか?そんな歴史ある公園の園内には800本を越す桜が、春になると一斉に咲きます。オオシダレザクラという下に垂れる桜も見どころのポイントです。

樹齢80年にもなる桜が堂々と咲きほこります。とても迫力があり、遠くから見ても、近くでみても存在感を感じます。円山公園では、昼・夜共にお花見を楽しむ人で園内が賑わい、夜のライトアップもまた桜の違った顔を見ることができます。

円山公園にある桜の種類はシダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラが見られます。ちなみに、ソメイヨシノは一般的によく見られる桜の姿をしており、ヤエザクラは花弁のピンクが濃いめの色をしており、花弁の枚数もソメイヨシノに比べると多いのが特徴です。

開花予想・見頃について

https://twitter.com/sa_Photo2/status/728186614694862848

厳しい寒さの影響と気温の変化にもよりますが、例年3月下旬となっています。
見どころポイントのオオシダレザクラは4月上旬が見どころとなっています。
満開は4月上旬となっており、ヤエザクラは中旬過ぎまで楽しむことができます。
2017年は3月28日頃開花し、満開は4月5日頃のようです。

基本的に桜は満開から約1週間ほど楽しめますが、天候によっては早めに散り始めることもありますのでご注意ください。前日からの場所取りは禁止されていますので、大人数でお花見されるようでしたら、当日の朝一番で場所取りをするのも大切なポイントです。

前日からブルーシートを敷いていても職員さんによって全て撤去されますので、決して夜から場所取りはしないようにしましょう。

円山公園では、ゴザを無料貸し出ししてくれるようなのでわざわざ持っていかなくてもよいという嬉しいサービスがあります。是非活用してください。

入場料について

入園料はかからず、入園自由となっています。
円山公園内には駐車場はありませんので、車でお越しの際は有料パーキングに停めることとなります。お花見シーズンは有料パーキングの空きもなかなかないため、お花見で円山公園にお越しの際は、公共交通機関を使われることをお勧めします。

飲食について

円山公園内でバーベキューは禁止とされています。ですが、円山公園内では屋台が約60店舗ほど出店されており、定番のたこやきから焼きそば、他にも珍しい国際グルメも出店され、楽しむことができます。屋台は21時まで開いています。

また、お花見ならでは「花見茶屋」と言われるお店があり、お団子などを楽しむことができます!なんとも印象的な赤い席が目印です。桜が一番きれいに見える席を求めるなら「三味線」お値段も少々お高めですが、そこから見るだけの価値ありです。

せっかく行くならぜひ試してみてください。円山公園内ではバーベキューは禁止ですが、「音羽」では予約をすれば焼肉を食べることができます。他にも「銀水」というお店があり、うどん・そば・おつまみ系のお食事も楽しむことができます。

ライトアップについて

ライトアップ時間は特に制限がありませんが、だいたい日没から翌日1時までライトアップがされているようです。(3月中旬~4月中旬)夜桜のライトアップは、ぼんぼりやちょうちんが使われており、ほんわかとした明かりの灯り方となっています。

数日はかがり火が焚かれていて、シダレザクラが幻想的に照らされます。かがり火は18時から21時までで、ライトアップとは時間が違いますので注意が必要です。

ライトアップの桜はたくさんありますが、池の水面に鏡のように映るライトアップされた一本の木も見どころの一つです。どこにあるのか探してみてください。

アクセスについて


市バス  JR京都駅から市バス
206系統東山通北大路バスターミナル行きで20分、祇園下車、徒歩3分

京阪電鉄 祇園四条駅下車 徒歩10分

阪急電鉄 京都駅から地下鉄で鳥丸駅まで行き、阪急電車に乗り換え、鳥丸駅~河原町下車歩いて10~15分程

休日には約3,000人もが円山公園にあつまるそうですので、21時頃までは大変混雑しているようです。逆に言えば21時以降はお花見する人も減ってきますが、翌1時まではライトアップしていますので、穴場の時間帯ともいえます。

おすすめのアクセス方法は?

円山公園までは電車で行くのが一番のおすすめ。車は絶対というほど控えた方が良いです。なぜなら、電車はダイヤ通りに運行するため遅れることがほとんどありません。

バスもダイヤ道理運行しますが、道が混んでいたり、乗車する人が多かったりすると、うまく乗れなかったり進まないので、バスよりも電車がおすすめです。車も同じく、これだけのお花見客がいれば渋滞は免れません。

渋滞だけでなくパーキング問題もありますので、どうしても車で行きたい方はタクシーなどを利用することをおすすめします。