旬な情報先取りサイト

一心行の大桜 開花予想と見頃&ライトアップ情報

一心行の大桜

お花見について

一心行の大桜は 熊本県阿蘇郡南阿蘇村にある樹齢400年ほどの桜の大樹です。かつてその地を収めた武将の峯伯耆守惟冬の菩提樹とされており、桜の名前の一心行は惟冬や一族の御霊を供養するために一心に行をおさめたことから名づけられました。

高さ14メートル、幹の周りが7メートルもある巨大なヤマザクラで、ふるさと熊本の樹木にも登録されています。非常に歴史のある木ですが、自然災害でダメージ受けてしまい、様々な保護策がとられてます。

開花予想・見頃について

桜の見ごろは例年によると、3月下旬~4月上旬といわれています。ですが、年々開花時期が遅くなっているという情報もあり、桜情報テレホンサービスに問い合わせで確認することも大事になってきます。

開花時期には南阿蘇桜さくら植木まつりが開催されているので、そちらのほうも桜と一緒に楽しむことができます。周囲には菜の花が沢山咲いているので、そちらも一緒に楽しめる時期を狙って行きたいです。歴史のある樹齢400年の大樹、ぜひ満開の時に楽しみたいです。

入場料について

3月下旬~4月上旬の開花時期には南阿蘇桜さくら植木まつりが開催されます。

今のところ入園料は無料となっていますが、駐車場を利用する場合は車1台500円、バイクなどが200円 となっているので車などで行かれる方は覚えておいてください。

設備について

公衆トイレは設置されています。500台止められる広い駐車場がありますが、大型バス に4000円、マイクロバス だと2000円一般の車だと500円、二輪車などは200円と料金がかかります。

またお祭りの最中は植木などや地元特産品が買える売店などが開かれており、その他各種イベントを多数開催しています。ただ、お祭りの最中は非常に混雑が予想されるので、すいている時間に行くなど工夫が必要になってくるとおもいます。

ライトアップについて

満開時から3日間夜間にライトアップが行われます。しかし、桜への負担を軽減するため、短い期間、短い時間だけの限定ライトアップとなっているので、夜桜を楽しみたい方はそういった点を考慮して鑑賞するようにしましょう。

アクセスについて


電車では南阿蘇鉄道中松駅から徒歩約15分、車なら九州道熊本ICから国道57号・325号経由で1時間となっています。非常に人気があるスポットとなっているので、平日の非常に早い時間か夕方などでないとゆっくり楽しめないかもしれません。