旬な情報先取りサイト

上野公園の桜 開花状況と見頃&ライトアップ情報

上野公園の桜

上野公園は正確には上野恩賜公園といって、上野の山は江戸時代から桜の名所として現在も多くの人たちが集まるお花見スポットとして有名です。

桜の木の本数は、なんと約1200本!種類は40種とも60種とも言われているようです。
1200本もの木があるので、自然交配で雑種の桜も生まれているそうです。これはとても興味深いですね。

そして桜を一層引き立ててくれるのが、うえの桜まつり!毎年約2週間におよぶお祭りで、夜には1000個の雪洞が桜を照らし、日本の誇るべき見事な桜がお目にかかれます。

開花状況・見頃について

お天気にもよりますが早ければ1月の下旬に開花することもあり、2月には開花予想が出ます。
例年3月中頃から開花し始め、4月初旬には満開になる傾向にあります。

しかしこの時期は、たった1日の風により満開だった桜があっという間に散ってしまったりすることもあるので、満開の日を逃さずお花見に行きたいものです。

暖冬と呼ばれる年には、例年より早くに咲き始め満開時期も早まります。
散り際の桜も綺麗ですが、1200本の桜はやはり一番の満開が綺麗です。

入場料について

上野公園への入場料は無料です。
毎年お花見シーズンになると、上野公園の桜を求めて遠方からもお客さんがたくさん集まります。

車で行く際は駐車料金がかかるのでご容赦ください。ただ近くの駐車場はすぐに満車になるので、早めに行くことをオススメします。

設備について

バーベキューができる設備は残念ながらありません。花より団子と言いますが、まずはお花を見て楽しんでください。その代わりに出店はたくさんあります。

トイレはありますが、来場者の数に対してトイレの数が足らないので常に行列ができてしまいます。
特に女性用トイレは行列必須なので、そのことも見越して行ってください。

有料駐車場は上野公園付近に20箇所近くありますが、余裕を持って行かないとすぐに満車になってしまいます。

ライトアップについて

日没くらいから23時までライトアップされます。
約1000個もの雪洞(ぼんぼり)に灯りがともり、この上ない幻想的な夜桜を楽しむことができます。

ライトアップと同時にお花見をする人たちのテンションも盛り上がってくるので、昼間とは全然違う顔を見せてくれる桜を見ながらお酒もすすみます。

アクセス(混雑状況・交通規制)について

電車

下車徒歩2分 JR山手線、JR京浜東北線、Jr高崎線、JR宇都宮線、東京メトロ銀座線、東京メトロ日比谷線(G16、H17)

下車徒歩1分 京成本線(京成上野)

公園付近に有料駐車場がいくつかあります。
毎年混雑するのは3月中旬頃(満開間際〜満開)からです。