旬な情報先取りサイト

一度は行きたい!吉野山 千本桜の見頃とアクセス

奈良県吉野の千本桜

奈良県の吉野山にある千本桜は桜の名所として有名で、毎年遠方からも数多くのお花見客が訪れる場所です。

1300年も前からご神木として崇拝されてきた歴史があり、後醍醐天皇ゆかりの地としてもしられている吉水神社など、神聖な場所としても観光客の多いことで有名です。

シロヤマザクラを中心に役200種類もの桜が3万本近く植わっており、山の頂上付近から一望する山桜は圧巻です!

花見の時期に開催される「花まつり」や「花供会式」などの各種イベントも人気です。

開花予想・見頃について

例年4月の初旬から中旬までが見頃です。

山桜なので、開花の時期が場所によって違うのも大きな特徴で、下千本、中千本の4月始めの開花から始まり、3日ほど遅れて上千本が開花します。その後5日ほどして奥千本の開花が始まります。

奥千本が満開になる4月中旬頃には下千本のは散ってしまっているので、それぞれの場所の満開時期からすると、4月の10日前後が一番の見頃ですね。

その頃には山全体がピンクのグラデーションに染まっていると思われます。

入場料について

交通のアクセスとして車を利用する場合は、駐車料金が1日1500円かかります。

花見の場所については山桜なので、下千本、中千本、上千本、奥千本ともに入場料はかからず、無料です。吉水神社などの施設についても同様で、入場料は無料です。

各種イベントについてもその場所で行われるので、特に入場料はかかりません。

設備について

トイレ

公衆トイレがありますし、各種施設内や飲食店内などにもあります。

駐車場

シャトルバスが運行される郊外駐車場があり、駐車料金は1日1500円かかりますが、バス代は無料です。他にも完全予約制の吉野山駐車場や如意輪寺駐車場等があります。

その他にも桜の時期のみオープンする駐車場などもあるので、事前に問い合わせて行かれることをオススメします。

ライトアップについて

桜の開花時期によって多少日程は前後することがありますが、4月4日頃から4月24日頃までライトアップされます。

時間は18時から22時の間で、昼間の山桜とは全く異なる景色が広がり、とても幻想的なのでオススメです。

アクセスについて

電車

近鉄吉野山駅から徒歩5分の千本口駅よりロープウェイで約3分です。

西名阪道郡山ICから国道24号、県道37号、行動169号経由で吉野山まで1時間程です。花見の時期は特に休日は混雑が予想されます。