旬な情報先取りサイト

Spotify+PCに関連するQ&Aとハウツー

Spotify+PCに関するQ&A

SpotifyのPCで急にログインできなくなった!考えられる原因は?

急にログインできなくなると誰でも慌てます。しかし、ちょっと落ち着いて考えればなんてことはないミスが多いものです。

SpotifyのPCでのログイン画面には、「Facebookアカウントでログインする」または「メールアドレスの行とパスワードらしき行」どちらかでのログインを求めています。

ここでFacebookアカウントを使わないでログインする場合、ログイン画面の初期表示はメールアドレスを求めているように見えますが、実際ここにはメールアドレスではなくSpotifyのユーザー名を入力するのです。

紛らわしい初期表示ですが、ここに注意してユーザー名を入力し、次の行にパスワードを入力するとログインできます。
SpotifyのPCでのログイン画面は、ユーザーIDとパスワード入力をすると覚えておきましょう。

SpotifyはPCで保存した音楽が聴けるの?

Spotifyは、2016年から日本でも正式に開始した音楽ストリーミング配信サービスです。無料会員の場合はストリーミングで聴くことになるため、インターネット接続環境のある場所でのみ利用可能ですが、有料のプレミアム会員として登録すると、PCに好きな音楽を保存し、オフラインでも保存した音楽を聴くことができるようになります。

PCに保存できる曲数は無制限ではありませんが、最大で3333曲まで保存することが可能です。

しかもPCを含めて3つのデバイスで聴くことができるため、外出時にスマートフォンなどを持ち歩くことで、好きな場所で好きな楽曲を聴くことができます。オフライン状態での利用は、Spotifyを起動しオフラインモードを選択するだけです。

SpotifyはPCで音楽が聴けるけど著作権は大丈夫?

Spotifyの音楽配信サービスは、各音楽レーベルと正式なライセンス契約を結んだうえで、ストリーミング配信により実現しています。

ストリーミング配信とは、再生中の音楽ファイルを一時的にPC内に保存し、リアルタイムに配信するもので、音楽ファイルが永久的にPC内に保存されるわけではありません。このため、Spotifyの音楽をPCで聴くことは全く問題の無い行為で、著作権を侵害するようなものでは無いのです。

有料プランを契約した場合は、楽曲をダウンロードしオフラインで聴くことが可能となりますが、この場合もライセンス契約されており、規約の範囲内でのダウンロードとなるため、著作権を侵害する行為とはならず、何の問題も発生しません。

SpotifyのPC版が日本に上陸したのはいつ?

Spotify(スポティファイ)が日本に上陸したのは2016年6月29日です。

Spotifyは世界最大手の音楽ストリーミング配信サービスで、日本版サービスはPC、タブレット、モバイルのどれからでも利用できます。さらに、PlayStation4または3からの視聴できるようなっています。楽曲数は国内・海外合わせて4000万以上が提供されます。

料金体系には広告入り無料聞き放題プランと有料の定額プランがあります。無料のプランでもSpotify のプレイリストの視聴など基本的なサービスを利用できます。

ただし、PC、タブレット、PlayStationは30日間に15時間という制限があります。スマートフォンだけは15時間を超えてもシャッフル再生できます。

また、日本でのPCでの利用には招待コードが必要です。アプリをインストールして利用します。

SpotifyのPC版は無料で使えるの?

SpotifyのPC版は無料で使うことができます。
しかし、使うためにはいくつか準備が必要です。

まず、Spotifyの公式サイトからアプリをダウンロードし、インストールする必要があります。
インストール後、アカウントの作成を行いログインすれば使用することができます。

また、PC版とスマホ版では大きな違いがあるので注意が必要です。
「オンデマンド」利用ができるか・できないかという違いです。オンデマンド利用とは、聞きたい曲を選んで聞くことができる機能です。

この機能はタブレットとPCにのみ対応しており、iOS、Androidなどのスマートフォンでは利用することができません。
(有料版であればスマートフォンでもオンデマンド利用が可能になります。)

SpotifyのPC版の無料と有料の違いはどこ?

何百万もの曲へのアクセスを提供するデジタル音楽配信サービスSpotify。
PCやスマホで楽しむ事が出来るこのサービスには無料版であるFreeと有料版であるPremiumという2つのプランがある物となっています。

この2つのプランの違いは無料版は有料版に比べて様々な機能が出来ない物となっている事で、その機能の内訳は広告やバナーの無表示化・高音質再生・シャッフル再生の解除・オフライン再生の4つとなります。

しかしPC版とスマホ版の無料プランにはもう1つ大きな違いとして時間制限の有無があり、スマホ版には時間制限が無いのに対してPC版Spotifyには1ヶ月15時間までという視聴期間が存在しているのです。

Spotify+PCに関するハウツー

SpotifyのPC版を無料で使う手順

Spotifyとは2008年10月にスウェーデンでサービスを開始した、無料で音楽が聴けるストリーミングサービスです。

Spotifyには月額制で高音質・制限なしでオンデマンド再生・オフライン再生などが可能になる有料プランと広告付きで機能制限がある無料プランがあります。

PC版のSpotifyを利用するにはアカウントを作成し、PC用のアプリをインストールする必要がありますが、その際にまず招待コードをリクエストする必要があります。

招待コードを発行しているページにアクセスしメールアドレスを登録すれば、登録したメールアドレス宛に招待コードが送られてきます。

アカウント登録ページで招待コードを入力し、Facebookのアカウントと連動するかメールアドレスを利用してアカウントを作成するか選びます。メールアドレスを利用する場合は、ユーザー名・パスワード・生年月日・性別などの必要事項を入力すればアカウント作成は完了です。

その後Spotifyのサイトにログインし、ダウンロードボタンをクリックすれば「SpotifySetup.exe」ファイルがダウンロードされるので、それをインストールしアプリを起動すれば利用までの手続きは完了です。

SpotifyのPC版を有料で使う手順

海外では2年前からSpotifyのサービスを楽しめたのですが、日本版は公式に存在しませんでした。

その間、大手検索サイトやコンピューター会社などが音楽ストリーミングサービスに参入したものの、後発のSpotifyが最も話題性が高いです。

こうしたSpotifyはスマートフォンのみならず、PCでも利用可能であることから、より良い音で提供されている楽曲に浸れるようになります。

無料の会員でも高い満足度が得られるのですが、全ての楽しみ尽くすのならやはり有料会員になるべきでしょう。

PC用のSpotifyでも有料会員に登録することができるのですが、最初のうちは少し戸惑いを感じる事もあるでしょう。

その理由は、日頃インターネットを楽しんでいるブラウザを使うのではなく、スマートフォンの同じようにアプリケーションをインストールする必要があるためです。

インストールし、招待コードを入れた上でログインした段階ではまだ無料会員なので、有料会員に登録しましょう。

やり方は簡単で、トップページに存在する大きく表示されたバナーをクリックしてプレミアムメンバーに登録するだけです。
クレジットカード情報など最低限の項目を入れるだけで完了します。

SpotifyのPC版でアカウント登録する手順

日本でSpotifyのPC版でアカウント登録するには招待コードというものが必要になります。

招待コードを入手するには、Spotifyの公式サイトからメールアドレスを入力すればリクエストをすることができますが、発行されるまでに数日かかります。

すぐにほしい方は招待コードを配布しているキャンペーンを開催しているところがあるので、そこを利用するのもいいでしょう。

PC版のアカウント登録の仕方は、あらかじめ発行された招待コードコピーしておくか何かに書いておきます。

それから公式サイトの「登録はこちらから」をクリックすると、入力画面になるので、招待コードをペーストするか入力してください。

登録にはFACEBOOKアカウントを利用することができるので、アカウントをお持ちの方は「FACEBOOKアカウントで登録する」をクリックし、アカウントをお持ちでない方は、ユーザー名・パスワード・メールアドレス・生年月日・性別を入力します。

「Spotifyからのニュースメールを受信する」や「利用規約への同意」などのチェック項目の中で必要なのにチェックを入れて、「登録」をクリックすれば登録は完了し、ソフトウェアのダウンロードが始まります。

SpotifyのPC版で音質を良くする手順

無料で音楽が聞くことの出来るSpotify、日本にも上陸したばかりなのですがPCで聞くとどうしても音質に不満を持ってしまいがちです。
そこでその音質を改善する方法を紹介します。

まず、Spotifyでの音質が最高品質であることを確認します。
次にパソコンの音量ミキサーの設定からスピーカーのプロパティを表示し、音の明瞭化の項目から重低音を強化してあげます。

これだけでも十分に改善されるのですが今回はさらに、先ほどの設定画面から詳細の項目に移動し、規定の形式を24ビット192000Hzの設定にします。
この設定を行うことによって普通の音楽はもちろん、ハイレゾ音楽にも対応でき、音質の違いがより実感できると思います。

さらに高みを目指す人はUSBDACを購入しましょう。
DACとはDigitalAudioConverterの略でデジタル信号をオーディオ信号に変換する役割を専門として扱っている機器です。

しかもUSB式なので難しい設定は不要でそのままUSBでPCに接続するだけで使うことが出来るのです。

以前までと違い最近は安いものであれば1万4千円程度で購入することが出来るので試してみてはいかがでしょうか。
無料の方法だけでも組み合わせによっては劇的な変化もあると思います。