旬な情報先取りサイト

Facebookのログインに関連するQ&Aとハウツー

Facebookのログインに関するQ&A

Facebookのログイン時間の隠し方ってどうすれば良いの?

Facebookでは、友達がログインしているかどうか、また最後にログインしてからどのくらいの時間が経ったかわかるようにできます。

あまり気にしていない人も多いですが、人のものはともかく、自分の状況を把握されるのはあまり気がすすまないという人は多いです。そんな時は隠すこともできます。

どの画面からでも左にスライドさせれば友達の一覧が出てきます。その横に時間が表示されます。

右上にある歯車をタップしたらチャットをオン、オフを選べます。オフにしてしまえば表示されなくなります。これが一番簡単な隠し方です。

普段スマホでFacebookをしている人はやめる時、画面上消すだけでしょうが、ログアウトまでしてしまえば、完璧です。こうすれば時間の表示そのものもされなくなるので安心です。

Facebookのログイン状況を誰にも知られないようにするには?

Facebookには、友達が現在ログインしているか、していないのか、その状況を調べる機能がついています。

例えばパソコンのブラウザの場合には、緑色の丸がログインしている友達であり、さらにスマートフォン、パソコンでなど、アクセス状況も分かってしまいます。

しかし時には、このFacebookのログイン情報を知られたくない場合もあります。この時に誰にも知られないようにする方法があるのです。

まずパソコンの場合には、画面の右下にある歯車のマークをクリックしましょう。すると、チャットをオフにするという項目があるので、これを選択します。

スマートフォンの場合にも、右上に歯車のマークが出てくるので、これをタップします。チャットをオフにするというボタンをタップすることで、知られないようにすることができます。

Facebookの不正ログインってどうやって調べられる?

Facebook不正ログインは以下の手順で調べられることができます。

①Facebookの過去のログイン状況を確認します。Facebookページ右上の▼をクリック後、[設定]をクリックして左のメニューから[セキュリティ]を選択し、[ログインの場所]をクリックします。

②画面に現在進行中のもの、過去の履歴、どの場所かアクセスしたかなどが表示されます。
また、最終アクセス日時、デバイスなども確認することができますので、自分自身がのものか、不正なものなのかを確認することができます。

③もし、一度も行った事のない場所からアクセスされたと認められた場合は、「終了」をクリックしてセッションを終了します。

不正に操作されないためには、パスワードをわかりにくいものにしたり他のサイトのものとは別なものにするなどします。

Facebookのログイン状況って見られているの?

写真投稿SNSであるFacebookでは、他人のサイトログイン状況を調べることが可能です。

パソコン、スマートフォンどちらの場合も右側にメニューを出すタブがあります。そのタブをクリックすると、下半分に自分の友達のログイン状況が一覧で出てきます。表示方法としては、オンライン、24時間以内などが表示されるようになっています。

しかし、これは誰でも見られる訳ではなく、Facebookで友達になっている人のみです。友達の友達や、他人は見られません。

逆に、自分の状況も他の友達からは見られている可能性もあるということです。SNSではこういった、ログイン状況を見られるものは最近は少なくなっているので珍しいです。

Facebookで不正ログインされたらどうすれば良い?

Facebookでは、通常とは違う不審なログインがあれば本人に通知が来るようになっています。

では、実際に通知が来てしまったらどうすれば良いでしょうか。まず行うべきことは、Facebookのログインパスワードを変更することです。

そして次に、自分のアカウントが行った投稿や承認したアプリの履歴を確認します。これは、自分のアカウントのトップページからアクティビティログを見ることで確認できます。自分でした覚えのない投稿やアプリの承認は削除、解除しましょう。

また、被害を広げないために、自分がアカウント乗っ取りに遭ったことを投稿して友達に知らせましょう。Facebookには様々なセキュリティ機能がありますが、過信せずパスワード管理は入念に行いましょう。

Facebookのログイン状況ってどうやってわかるの?

Facebookは近況を知るのに便利ですが、Androidの公式アプリとメッセンジャーでは、何も設定しなければ、Facebookのログイン状況が表示される仕様になっています。

たくさんの友人・知人に情報を見られている可能性もありますので、ログイン時間を知られることで、自分の行動や何か足跡を見られているようで不快な感じがするという方もいます。

Facebookのログイン時間を表示したくないと言った場合、3日以上使わなければ時間が表示されなくなります。

またチャット機能をオフ設定にしておけば、オンラインと時間表示がされなくなります。チャット画面の歯車のボタンからオフを選ぶと完了します。とても簡単なので気になるという方はやってみましょう。

Facebookのログインに関するハウツー

Facebookのアカウントを登録してログインする手順

パソコンのブラウザでFacebookのアカウントを作成するとき、最初にアカウント登録をします。
ただし、Facebookは13歳未満の児童の利用はできません。

最初のページに姓名・携帯電話番号またはメールアドレスを入力・再度同じように入力・パスワード・生年月日(生年は西暦)・性別を選択してアカウント登録をクリックします。

メールアドレスで登録した場合、携帯電話番号はあとですることになりますが、これはなりすましや不正ログインなどの異常があった時にSMSを利用する場合があります。
なので、携帯電話番号を登録しておきましょう。

Facebookは本名を使うことを推奨していますが、結婚等で苗字が変わった場合など名前はあとで変更可能です。

メールアドレスは、ヤフーやグーグルなどのフリーのアドレスでも可能です。
また、メールアドレスが変わった時でも変更は可能です。
そのあと確認のメールが来るので、そのアカウント認証と記載されている認証コードを入力して完了です。

Facebookのログインの方法は、最初のページの上にメールアドレスか携帯番号・パスワードを入力してログインをクリックして始めて使えるようになります。
Facebookはパソコンだけじゃなく、iphoneなどのスマートフォンでも利用できます。

Facebookのログインに必要なパスワードを忘れたときの手順

Facebookで、パスワードを忘れてしまったためにログインできなくなったときがあります。

パソコンのブラウザの場合は、右上に小さく「アカウントを忘れた場合」とあるのでここをクリックします。

アカウントの特定のページへ行き、ボックスに登録してあるメールアドレス・電話番号・ユーザーネーム・氏名のいずれかを入力します。
メールアドレスの場合はパスワードの再設定の方法を選択します。
そこで登録しているものであればアカウントが特定されます。

そして、次へ進むとそのメールアドレスにメールが送られます。
そこには6桁の再設定コードの数字が記載されていて、この数字を入力して次へ進み、新しいものに変更すればよいです。

電話番号の場合は、登録してある携帯電話番号へ通知が行きます。
氏名でもできますが、氏名によっては同じものが複数に出てくるので自分のものを選択します。

この場合は、登録してあるメールアドレスか携帯電話番号のほうに再設定の通知が行くので、これに従って再設定します。

このように、Facebookのパスワードを忘れた場合はいくつかの方法があり、一度再設定すればそのままログインできます。
パスワードは大事なものなので忘れないように保管しておきましょう。

Facebookのログインに必要なパスワードの発行方法

今回はFacebookのログインに必要なパスワードの発行方法をお伝えします。
ついつい忘れてしまいがちなログインパスワードですが、うっかり忘れてしまったときには、なんと再発行することができます。

それでは具体的な手順です。

まずはFacebookのページにアクセスします。ログイン画面を開くと、メールアドレスとパスワードを入力する画面が出てきますが、今回はパスワードが分からないのでログインすることができません。

そこで、「アカウントを忘れた場合」をクリックします。するとメールアドレスを入力するボックスが出てくるので、登録しているメールアドレスを入力します。

「検索」をクリックすると、Facebook側が検索して特定してくれます。ここで「googleにログインしてパスワードを再設定する」「メールアドレスにパスワードの再設定メールを送る」という二つの選択肢が出てくるので、お好みの方を選択していただければ再設定することができます。

もし特定できない場合は、今まで使っていた電話番号やメールアドレスなどを一つずつ入力し、確認してみてください。それでもできない場合は、Facebookのヘルプセンターを見てみましょう。

Facebookのログインで使うパスワードを忘れない為の手順

今回はFacebookのログインで使うパスワードを忘れないための手順をお伝えします。

特にスマートフォンのアプリでログインしている場合は、ついつい忘れがちになるパスワード。

しかしログインしなおさなければならなくなった場合、パスワードを覚えていないと再設定しなければいけなかったり、面倒なことが多いのが現状です。かといって、パスワードをスマートフォンのメモ機能などに書いていると、何かの拍子で消えてしまうかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、「メモ用紙に書いておくこと」です。Facebookに限らず、今やTwitterやLINE、カカオトークなど、様々なSNSが日本中で利用されており、多くはログインが必要な必要なものです。

手近なメモ用紙にまとめてメモし、失くさないように取っておくおけば、ログインする時も困らず、パソコンやスマートフォンにメモしておくよりも流出する可能性が少なく、安全です。

ただ、なるべく人に見られないように、持ち歩く場合は手帳にでかでかと書くのではなく、財布の小さいポケットに忍ばせておくなど、配慮しておくことが必要です。IDやパスワードは個人情報を守る大事なものなので、しっかり管理するようにしましょう。