旬な情報先取りサイト

Facebookの友達に関連するQ&Aとハウツー

Facebookの友達に関するQ&A

Facebookの投稿の公開範囲が友達だったらそれ以外の人は見れない?

友達の記事が素晴らしく、シェアすることで、自分の友達やFacebookアカウントを持っていない人にも読んでもらいたい…と思っても、執筆者が『自分の友達限定での公開』と決めて投稿している場合、シェアしたとしても、『自分と共に、その執筆者も承認している共同の友人』にしか閲覧不可能です。

書いた本人が、「自分の友人以外には絶対に読まれたくない」と固く決意している場合は、その気持ちを尊重しなくてはなりませんが、一般的に見て、そこまで秘匿するべき内容でないし、せめて自分の友人たちには読んでもらいたい…と強く思う場合は、執筆者に記事のコピぺを申し出て(元の執筆者名は当然明記)、自分の投稿欄から『友人限定』で公開させてもらうという方法もあるかと思います。

やや面倒な方法ですし、万が一自分の投稿欄の公開範囲設定を間違えると大変なことになってしまうので、執筆者名を伏せて「友人が、こういう良い記事を書いていました」という感じで、エッセンスのみ伝える…という手段も。もちろん、その場合も、執筆者の許可をもらうべきです。

Facebookの仕組みは他のSNSより複雑な面があるので、いくぶんかの慎重さが必要ですね。

Facebook友達申請する前に本人確認ってしたほうが良いの?

ふだん現実の場において交流のある相手であれば、実際に会った時か、電話連絡の折などにそれとなく、Facebookで友達申請してもかまわないかどうか、訊いてみるのが早いかと存じます。

Facebookにおいては、よほど珍しい姓名でない限り、同姓同名の人も幾人か登録しているので、あらかじめ『そのアカウントが、現実の知り合いと本当に同一人物なのか』を確認してから申請したほうが安全です。

これはFacebook仕様の問題点の一つなのですが、友達申請の前に送ったメッセは、ほぼ相手に読まれない(『友達からのメッセ』として相手に通知されないので、気づいてもらえない)という事態に陥りがちですので、リアルで連絡が取りあえる仲であれば、申請を送る前か直後に、その旨を伝えておくとスムーズな承認を得られるはずです。

Facebookで見つけた友達に友達申請する方法とは?

Facebookのアカウントを取得すると、友達をどんどん増やすことで、もっと楽しく使うことができます。

家族や、仕事の関係で良く会う人だけでなく、地元の懐かしい友人や、出身学校の同級生、部活の仲間などを探して、つながっていくことができるのもFacebookの醍醐味のひとつだといえます。

自分自身のプロフィールで、出身校や卒業年度などを細かく記載していくことで、同じ出身学校のアカウントを持っている人が「友達かも?」とFacebook画面に表示されます。

懐かしい人を見つけたら、そのページにアクセスして、「この人と友達になる」というボタンを押して、申請をしてみましょう。丁寧なメッセージなどを添えると、より効果的です。

Facebookの友達がいいねした投稿を見るには?

Facebookの楽しみ方の一つとして、友達との繋がりがあります。学生時代の各カテゴリーの友人、学校以外での友人、仕事関係の知り合いなどとFacebook上でも友達になり、それぞれの投稿にいいねをしたりコメントをしたり、直接やりとりをすることもできます。その人がいいねをした投稿を見ることもできます。

やり方は簡単で、その人のページを開き、フォローをすれば見ることができるようになります。逆にこの画面でフォローをやめれば、そういった投稿は見られなくなります。

友人の友人は他人のこともあれば、知り合いであることも多いので、普段見られない記事などが見られるようになり、楽しみが広がります。そこで意外な人を発見し、繋がるきっかけにもできますので、フォローをしている方がチャンスは増えます。たくさんの人と繋がることは、Facebookの醍醐味です。

Facebookの友達の友達って友達になる?

Facebookをしていると、昔懐かしい同級生につながることができて、久々の再会などを果たすことができ、思い出話が増えて、人と人とのつながりが増えるので昔を思い出すいいツールです。

既に知り合いになっている人のFacebookをのぞいていると、その人の交友関係などもリアルタイムで見ることができます。友達の友達を辿り、趣味などがあうと、新しい知り合いになることも可能です。コミュニケーション一つで、お互いが気の合いそうな趣味を持っていると、仲間に加わりやすいです。

人類みな兄弟というくらいですから、知り合いを辿れば、必ず気の合う人にたどり着きます。そうやって現代は知り合いや友人を増やすことができるので便利ないい時代です。

久しぶりに見つけた友達とFacebookでつながるには?

Facebookの検索窓に、友達の名前を打ち込んで参加しているかどうかを調べるのですが、同姓同名の方もいますし本人の顔写真を貼っていない場合も多々あります。

また、その人に関するデータが無いこともありますので、手間かもしれませんが片っ端から久しぶりを装い、友達リクエストを申請してみることです。

もしFacebookに参加しているなら、友達の方からメッセージを送ってくるでしょうし、申請OKの返信が届きます。

それと、中々見付からない場合は、自分で露出度を増やし更新回数を多くすることで、相手の方から見付けてくれることもありますので、昔の写真や思い出の写真がありましたら添付しておいた方が、効果が上がりますしその人だけに判る一文を載せておくと認知度も高まります。

Facebookの友達に関するハウツー

Facebookの友達がいいねした投稿を表示しない設定手順

世界中で普及しているSNSサイト、Facebookですが友達登録している人や、フォローしている人の投稿一覧が自分のタイムラインに表示されるようになっています。

Facebook上では本名を公開しますので、学生時代の友人や会社関係の知り合い等と友だち登録を行うことが多いです。

その為、したくてした友達登録の人と、申請が来たので承認した、という人も少なくありません。あまり見たくないような投稿が表示されることも多いです。

友達がいいねした投稿等は、興味のないものも多く流し見する人が大半でしょう。お店や商品の宣伝のような内容も多く、自分はオフの時間に見ているのにあまりリラックスしたような気分になれない投稿も多く見られます。これらを見ない為には、自分の設定上で公開範囲を変更する必要があります。

あまり楽しくない投稿は見ないようにしてしまいましょう。公開範囲を「友達のみ」にすれば、いいねしてタイムラインにあがってきた投稿はもうあがってこなくなります。

その為、友だちが自分で投稿した内容だけでタイムラインにあがるようになり、無駄なストレスを抱えずに済みます。簡単な設定方法で、Facebookをもっと快適に楽しみましょう。

Facebookの友達がいいねした投稿を見る設定手順

大前提ですが相手を追加しておく必要があります。追加はページ上部の検索バーに相手の名前や電話番号を入力してその人のプロフィールに移動します。

そこでリクエスト申請をすれば追加することができます。

Facebookの友達がいいねした投稿を見る設定手順ですが、難しい設定は必要ないのです。

それは友達の投稿へのいいね!やコメントの公開範囲は自分で変更することができないからです。

つまり相手の投稿の共有範囲によって、自分が投稿を見れるかどうかが決まるわけなのです。

投稿された画面を見てみると地球儀や人物のアイコンが表示されています。これは公開範囲を表しており、地球儀は全体に、人物(複数)なら友達の友達に、人物(一人)なら友達までと決まっています。

外部のサイトやアプリに対しての投稿は自分自身で範囲を設定することができます。全体のタイムラインに表示される広告に、いいねが押されている情報が表示されることがあります。

これは外部サイトや広告の共有範囲が公開になってしまっているためです。これはアクティビティログからタイムラインに表示するかどうかを設定することができます。

Facebookでいいねしたのを周りに知られたくない時には公開範囲を変更しておくことです。このようにいいね!やコメントをするときには共有範囲のアイコンを確認してから行った方がよいです。

Facebookの公開範囲を友達から全ての人に変える手順

Facebookの楽しみ方として、投稿をして友達などとシェアすることが挙げられます。

最近凝っていること、お気に入りの物、お店や思い出を共有することで自分を知ってもらい、それに対して周りがどう反応するかを知るのは、なんとも言えず楽しいものです。

投稿をどれだけの人に見てもらうかは選ぶことができます。全世界の人に公開することもできますし、非公開にして自分だけの日記風に綴ることもできます。

最も多いのはFacebook上の友達のみに公開するのと、範囲を「友達の友達」にする方法です。知り合いのみ、と、知り合いの知り合いまで見られるような操作です。

たくさんの人とシェアしたいけどあまり知らない人には見られたくない、という心理をうまく満たしてくれます。

そこから、公開範囲を全ての人に変える方法は幾つかあります。例えば写真や動画を投稿する時、写真などを選ぶと自分の名前の下に小さく公開範囲が出ます。ここをタップして選べば変えられます。

設定からも変更可能です。自分のページの中にプライバシーの欄がありますのでそこに入っていき、プライバシー設定を選択すれば、公開範囲を変更できます。

ここで「公開」を選べば全ての人に閲覧可能になります。世界中の人に見てもらいたい投稿などはこうすれば良いです。

ただ、Facebook利用者には色々な思想を持った人がいます。思わぬトラブルを避けるため、内容や、投稿による公開範囲の選択には注意が必要です。

Facebookの友達リストを非公開にする手順

Facebookの大きなメリットの一つとして、知り合いとの繋がりが挙げられます。今まで出会った人達とSNSでも繋がると、従来とはまた違った面が見えてきたり、思わぬ趣味や嗜好を発見することもあります。

また、小、中、高、大学を含めた学生時代、社会人になってからの友達と、各カテゴリーでの知り合いと一度の機会で繋がれることも大きな魅力です。疎遠になっていた人と連絡が取れた、という例もたくさんあります。Facebookを通じて新しい友達ができることもあります。

このように、たくさんの知り合いができるのは楽しいことです。自分の友達を一覧で見ることができますが、これは基本的に他の人でも見ることができます。

他の人に見られても不都合はないことが多いですが、中には見られたくないことも、人によっては見て欲しくない、ということも考えられます。そんな時はFacebook上の友達リストを非公開にできます。

リストを非公開にするなどの詳細な変更にはケータイのアプリではなく、ブラウザからログインします。ログインしたら自分のページを開き、友達リストを表示します。続いてプライバシー設定ページを開くと、公開範囲が設定できます。

下の方にあるその他をタップし、「自分のみ」を選択すれば自分だけに閲覧可能、つまり、非公開にできます。他の人は見ることができなくなります。