旬な情報先取りサイト

Twitterの退会に関連するQ&Aとハウツー

Twitterの退会に関するQ&A

Twitterはどうしたら退会できる?

Twitterは、PCサイト(https://twitter.com)からしか退会できません。退会方法としては、ツイッターのサイトにPCからアクセスしていただき、ログインをします。

上部ナビゲーションバーのアイコンを押下し、メニューより設定を選択します。設定画面に遷移するので、左のメニューバーよりユーザー情報を選択し、一番下のアカウント削除のリンクまでスクロールします。アカウントリンク削除を押下し、次ページでアカウントの削除を行ってください。

なお、アカウント情報は約30日間保持されるため、アカウント削除操作を行ったあと30日の間でしたら削除したIDでログインをすれば、再度アカウントを利用することができます。

Twitterの退会はアプリからではできない?

現在、Twitterの公式アプリから退会する方法はありません

TwitterをiPhone(Safari)から退会するには?

上記で説明した通り、Twitterは基本的にパソコンから退会を行います。

どうしてもスマートフォンで退会したい場合は、モバイルサイトではなくPCサイトへアクセスする必要があります。

スマートフォンでもiOSとAndroidとでは若干方法がことなりますのでまずはiOS(iPhone)から説明します。

iPhoneのデフォルトブラウザSafariでtwitterを開きます。
このままではPCサイトではなくモバイルサイトが表示されてしまうと思います。

そこでブラウザ下部中央のアイコンをタップしてメニューを表示します。
コピーやお気に入りに追加のリストが並びますが横にスクロールして『デスクトップ用サイトを表示』を選択します。

するとPCサイトが表示されるので上記で説明した退会方法から手続きしてください。

TwitterをAndroid(Chrome)から退会するには?

AndroidからもiPhone同様にPCサイトから退会する必要があります。

まずはTwitterにアクセスし、ブラウザ右上:メニューで『PC版サイトを見る』でPCサイトを表示します。

注意したいのが、iPhone,Androidいづれの場合もtwitter.com → mobile.twitter.comにリダイレクトされたページでPC版へ切り替える必要があり、お気に入り登録がmobile.twitter.comの場合、PCサイトが表示されない可能性があります。

PCサイトは下記リンクをご利用ください。

https://twitter.com/

Twitterの退会に関するハウツー

Twitter退会後にアカウントを復活させる手順

SNSの中には一度退会するための操作を行ってしまうと、同じアカウントを使った利用は二度とできないことがありますし、退会した後は同じサービスであってももう一度利用するために新しく登録し直さなければいけないこともあります。

しかし、Twitterは一度退会した後でも、期間内であれば登録したデータがまだ残っています。

そのため、退会するためにアカウントの削除を行った後でももう一度Twitterを利用したい時には操作を行うことによって、同じアカウントを使って利用することが可能です。

行う手順としてはまずパソコンを使ってTwitterにアクセスします。そして、復活させたいアカウントを使ってログインをします。

操作を行った後フォロワー数などの情報が元に戻るまでには少し時間がかかることがありますが、ログインすることができれば一度アカウントの削除を行ったとしても復活させることが可能です。

しかし、Twitterではアカウントの削除を行ってから30日を過ぎてしまうとデータが消えてしまいますので、ログインし直すことができません。そのため、Twitter退会後にアカウントを復活させるためには必ず30日以内に行うことが必要です。