旬な情報先取りサイト

Twitterのアカウントに関連するQ&Aとハウツー

Twitterのアカウントに関するQ&A

モバイル端末からTwitterアカウントを削除することはできる?

Twitterのアカウントを消すことはモバイル端末からでもできます。ただしTwitterのアプリからアカウントの削除はできません。

モバイル端末から作業をおこなうにはブラウザを立ち上げてTwitterのサイトを表示する必要があります。サイトをブラウザから表示して「設定」に移動し、「アカウントを削除」を押します。

確認のためにパスワードを聞かれますのでパスワードを入力します。

最後に「退会する」を押すことで作業は完了です。処理が完了したとのメッセージが表示されますが反映には多少時間がかかります。

またパソコンから作業した場合同様に30日以内にログインを行えば復活して以前と同じように使用することも可能です。

アプリで作ったTwitterアカウントでPC版にログインすることはできる?

スマートフォンなどTwitterアプリで作成したアカウントは、当然PC版でもログインすることはできます。タブレット・PC・携帯電話の全てのメディアで共通してログインすることができます。

手順としては、PCのブラウザソフト(インターネットエクスプローラーやGoogleクローム、SafariやFireFoxなど)を立ち上げて、Twitter公式にアクセス。

そしてログイン画面でアカウント名もしくは登録したメールアドレスと、パスワードを入力すればログインできます。

この際、ログインした直後にホーム画面をブックマークしておくと、次回はそのブックマークからTwitter公式ページにアクセスできるので便利ですよ。

Twitterアカウントを知り合いに知られたくない場合はどうしたらよい?

学校や職場など、友人・知人に知られずひっそりとTwitterを楽しみたい、という方も非常に多いです。アカウントを知られたくない場合の対処法をいくつか紹介します。

まず、アカウント情報やプロフィール文にプライベートな情報を登録・掲載しないということ。電話番号登録なんてもっての他です。メールアドレスはYahooなどフリーメールを用意しましょう。スマートフォンの位置情報をオフにすることで、かなり改善されます。

次に、ID名も本人と関係ないワード、プロフィール画像も本人と関連が全くない画像にするなど、徹底しましょう。

そして、フォローするアカウントも徹底します。友達を一切フォローしないのはもちろん、友達と好みが似通っている場合、ユーザーを通して辿り着く可能性があるので、あまり同じユーザーをフォローしないように気をつけましょう。

また、ツイート内容も吟味。プライベートな情報を発信する際は、2~3つ必ずフェイクを入れたり、現在位置が特定できないように注意すれば、かなりバレにくくなるはずです。

Twitterアカウントが凍結されてしまったらどうすればよい?

Twitterでは、ユーザーに迷惑をかける行為を行っていると判断されると、アカウントを利用できなくなるケースがあります。これを凍結といい、ログインはもちろんツイートの投稿、フォロワーの確認などもできなくなってしまいます。

不正と思われる行為があるとこうした状態になりますが、サポートに連絡することで凍結状態を解除してもらうことも可能です。そのためには、画面を開き、上部に表示される凍結されたアカウントというリンクをクリックします。ヘルプセンターのページが表示されるので、そこにあるリンクから解除を申請します。

申請フォームには名前やメールアドレスに加え、アカウントを元通り使えるようにして欲しい旨を書き込み送信します。数日もすればメールで返信があるので、あとは指示に従うだけです。

1つのメールアドレスでTwitterの複数アカウントを作ることはできる?

原則的には、Twitterでは1つのメールアドレスで複数のアカウントを作ることはできません。

2つ目のアカウントを作成しようとした時点で「既にそのアドレスは使用されています。他のアドレスをご利用ください」という警告文が出て、キャンセルされてしまいます。

携帯アドレスだけでなく、Yahooなどフリーメールでも登録は可能なので、個別にアドレスを用意しましょう。

ただし、Googleが提供するGmailに関してはこの限りではありません。Gmailはアレンジが可能で、例えば「apple@gmail.com」というアドレスを保持していたとします

Gmailは、「a.pple@gmail.com」や「app.le@gmail.com」など、ピリオドを追加しても全て同じ「apple@gmail.com」に送信されるのです。この特性を活かして、たくさんのアカウントを作ることができるのです。

Twitterのアカウント乗っ取りのためにできる対策はある?

Twitterアカウントの乗っ取りを防ぐ対策を紹介します。

・有害な外部アプリケーションわ認証してしまうと、そこからパスワードが盗まれる事があるので、外部アプリケーションは、発信元が信用出来るもののみ認証し、普段からあまり使わないような物は連携を解除しておく。

・TwitterやTwitterと連携しているサイトに成りすましたフィッシングサイトにパスワードを入力してしまう事でパスワードを流出させてしまう事もあるので、他サイトにてアカウント情報の入力を求められた場合は、サイトのURLを確認し、怪しい物には入力しない。

・パスワードは生年月日や電話番号など、安易に推測されそうなものは使わずに、アルファベットと数字を混ぜた自分しかわからない物にして、定期的に変更する。
上記の自衛手段で乗っ取りを未然に防ぐ事が出来ます。

Twitterのアカウントに関するハウツー

Twitterアカウントの作成方法

Twitterアカウントを作成するには、メールアドレスさえあれば作成することができます。

まずは、ツイッターのページを開きログイン画面で「アカウント新規作成」の画面を選択しましょう。

すると、メールアドレスを入力する画面が表示されますので、連絡を受け取ることができるメールアドレスを入力して送信しましょう。

正しく入力ができていれば、登録したアドレスにアカウント登録のためのアドレスが送られてきますので、リンクからページへ移動しましょう。

メールで迷惑メール設定などをしていて、届かない場合もありますので、少し待っても登録のメールが送られてこない場合は、迷惑メールフォルダに入っていないかを確認して、ツイッターからのメールがしっかり届くように設定を見直してみましょう。

アカウント登録ページでは、自分のアカウント名やツイッターIDなどのプロフィールを設定していきます。

名前やプロフィール情報などは、登録後にも自由に変更することができますが、ツイッターIDはほかのユーザーと重複することができないため、自分だけのIDを設定する必要があり、ありきたりなIDだとうまく設定できない可能性もあります。IDはログイン時にも必要なので、覚えやすいものを設定しましょう。

Twitterアカウントのプロフィール設定方法

Twitterはアカウントに対して好みの名前を設定する事ができるのですが、その他にもプロフィールに関する様々な情報を追加していく事が可能です。

プロフィールを加える際はインターネット接続可能な機器でTwitterにログインします。

Twitterに登録して間もない場合は、画面上に卵のアイコンが表示されているのでクリックしプロフィール画面を表示させます。

自分の画面に入った後は右上にある歯車のマークを選び、編集を選択し先に進んでいきます。

すると、あらゆる事を設定していく事ができる画面が映し出されるので、自分がより一層使いやすいようにカスタマイズしたり見に来てくれた人が尚更興味を持ってもらえるような対策が行えます。

そのような中で真っ先に変更すべきなのは、アカウントを代表すると言っても過言ではない画像についてです。

フォロワーの方々のタイムライン上に自分の発言と共に流れていくアイコンなので、単なる画像ではなく自分の分身とも言えます。

できれば自分のキャラクターに合っている写真などを選ぶ事により、イメージを定着させられるでしょう。

その後、自己紹介欄にTwitterを利用している意図や趣味などを書き込み、同調してもらえる方を増やしてみると良いです。

Twitterで複数のアカウントを運用する方法

Twitterは、一人で一つのアカウントしか利用できないといった制限は設けられておらず、一人で複数のアカウントを持つ事ができます。

複数持つ事により、単体よりもTwitterを有効活用することが可能になるので、今では一人でいくつかのアカウントを持っている方が珍しくありません。

そこで、必要になるのはメールアドレスと電話番号の2つです。
新たに2つ開設したいのなら2個のメールアドレスが必要になりますし、3つなら3個のメールアドレスが求められます。

電話番号に関しては1つの物を複数のアカウントにおいて使い回せます。
ただし、セキュリティを重視させるために行う二段階認証というシステムが利用できるのは電話番号を登録しているアカウントに限られるので注意しましょう。

こうした点からわかるように、いくつかのIDを持つためには電話番号よりもメールアドレスの手配の方が重要になると言えるでしょう。

プロバイダから支給されるアドレスは1つなので、手配に苦労される事が懸念されますが、フリーアドレスでも登録可能なのでフリーアドレスを手に入れる事が好ましいです。

しかし、パスワードを再発行する場合などに利用するので適当に決めてはいけません。

スマートフォンからTwitterアカウントを削除する方法

今後Twitterを使わない場合は、アカウントの削除です。
アカウントを削除すれば、これまでTwitterに投稿したツイート、画像、動画などは全て消えます。

手続きをすると復元不可能なので、必要なら保存しておきましょう。
Twitterのアカウントは、スマートフォンからは消すことはできません。
手続きをするためには、パソコン版のTwitterにアクセスして、手続きをする必要があります。

アプリからでなく、スマートフォンのウェブブラウザを使ってアクセスしても、手続きに関する項目がないのでできません。

ただし、スマートフォンに付属のブラウザを使えば、パソコン版のTwitterを表示させることができます。

自分が自由に使えるパソコンがない方は、標準のブラウザでパソコン版の画面を開いて手続きをしましょう。

パソコン版の画面を開いたら、ログインして右上の歯車をタップするとメニューが表示されるので、設定を選んで下さい。

設定画面を開いたら、下部にあるアカウントを削除をタップしましょう。
タップすると確認画面が表示されるので、本当にアカウントを消すなら手続きを進めて下さい。

最後にパスワードを入力すれば、退会処理は完了します。