旬な情報先取りサイト

Twitterのログインに関連するQ&Aとハウツー

Twitterのログインに関するQ&A

Twitterに新規ログインするにはどうすればよい?

パソコンでTwitterに新規ログインする方法を説明させていただきたいと思います。
まずメールアドレスが必要です。

フリーメールで結構ですので用意しましょう。そして、Twitterのホームページにアクセスしてください。

そうすると画面の右上にアカウント作成と表示されているところがあるのでクリックしてください。

画面が移動して「Twitterを使ってみよう」というメッセージの表示されたページがあらわれます。その画面上にある入力項目にニックネーム・メールアドレス・パスワードを入力してください。メールアドレスのところは電話番号でも結構です。

入力後「アカウントを作成する」をクリックしてください。すると、画面が移動して「こんにちは○○さん」と表示されます。

画面上の「さあ、はじめよう」をクリックしてください。その後「気になることは何ですか?」、「フォローしましょう」、郵便番号の入力など設定項目が出てきますので、入力して設定を進めてください。郵便番号はスキップできます。

その後はプロフィールの画像と自己紹介欄を入力します。これもまたスキップできます。
これで、新規アカウントの作成の完了です。

Twitterにログインできない時はどうするの?

何らかのトラブルによってTwitterにログインできない時は、以下の対処法を試すことで解決されることがあります。

まず最初に確認しておきたいのが、インターネットにつながっているかです。Twitterはネットに接続している必要があるため、スマホなら画面上部に表示される電波状況を、パソコンならLANケーブルがしっかり差し込まれているかを確認します。

次にパスワードが間違っていないか確認します。パスワードは自分で打ち込むと誤る可能性が高いので、コピーアンドペーストすると確実です。場合によってはパスワードを新しいものへとリセットすることでも対処できます。

サービス側にトラブルが生じているケースもあります。その場合は多くのユーザーも同じようにログインできません。解決されるまで待つようにしてください。

モバイル端末からPC版Twitterにログインするには?

スマートフォンやガラケー向けのアプリではできない作業・処理(退会手続き)を行うために、モバイル端末でPC版Twitterにアクセスする必要がある場合に関してのログイン方法です。

まず、Safariやグーグルクロームなど、ブラウザアプリを立ち上げましょう。そして検索エンジンの検索窓に「Twitter」と入力して検索。

Twitter公式ページにアクセスして、登録しているアカウントのアカウント名もしくはアドレスと、パスワードを入力してください。

これでPC版にもログインできます。ついでに、この機会にブラウザアプリにトップ画面をブックマークしておきましょう。

次にアクセスする場合は、ブックマークにて直接アクセス、アドレスとパスワードを入力するだけで済みますよ。

Twitterのパスワードがあっているのにログインできない時の対処法は?

パスワードが正しいのにログインができない時は、いくつかの可能性が考えられます。まずTwitter側で障害が発生しているケースで、この場合は回復するまで待つしかありません。

次にパスワードは正しいのにユーザー名を間違えているケースです。ユーザー名の替わりに登録したメールアドレスか、携帯電話番号を入力することでログインが出来ます。
最も考えられる可能性はCookieのクラッシュですが、ブラウザの設定からキャッシュやCookieをクリアすることで解決します。またjavaが有効になっているかも確認してください。

スマホの場合はアプリの不具合が原因であることが多いので、アプリを一度削除したあと再インストールしてみましょう。

Twitterで複数アカウントのログインを切り替えるには?

Twitterは、PC版と携帯・スマートフォン版の両方で利用可能ですが、複数アカウントのログインを瞬時に切り替えるなら圧倒的に携帯・スマートフォン版の方が楽です。

スマートフォンの場合、事前に複数のアカウントを登録しておき、TL画面の右下にある「プロフィール」アイコンを長押しするだけで、登録してあるアカウント候補が浮かび上がります。あとは選択するだけ。

PC版の場合も可能ですが、ひと手間あります。まず今使用しているアカウントをログアウト。そしてログイン画面に切り替わったところで、別のアカウントのアカウント名とパスワードを入力してください。

もし、PCで素早く切り替えたいなら、公式ではありませんが複数アカウントを瞬時に切り替えられる無料アプリ「TweetDeck」を利用するという手もあります。

Twitterのログイン履歴を確認することはできる?

Twitterを利用していると不正に使われているのではないかと心配される方も多いようです。そのときに重要となるのがログイン履歴です。

いつ、どこからログインしたかわかるのですが、Twitterの基本機能で対応しています。Web版のTwitterにログインしたら設定からTwitterデータを選択します。

このデータはパスワードが必要になります。履歴として分かるのは時間、IPアドレス、そして利用されたデバイスです。

また、連携アプリについても利用状況がしめされますのでセキュリティに活用できます。

ただし、アプリからはこの機能にアクセスできない場合が多いのでWeb版を利用することが必要になりますので注意したいところです。

Twitterのログインに関するハウツー

Twitterのiphoneアプリでのログイン手順

iphoneアプリ版のTwitterでログインするにはまずアプリを立ち上げます。「新規登録」と「ログイン」が表示されていますのでアカウントを持っていない方は「新規登録」を選択してアカウントを作成してください。

ニックネームを設定後に電話番号かメールアドレスを入力し、パスワードを設定してアカウントを作成します。すでにアカウントを持っている方は「ログイン」を押してユーザー名とパスワードの入力の画面を表示します。

正しいユーザー名とパスワードを入力するとTwitterが開始できます。

もしログインに失敗すると考えられるのはユーザー名かパスワードの入力間違えです。

再度ユーザー名とパスワードを確認してから入力をおこなうことをおすすめします。

もしパスワードが不明な場合には「パスワードをお忘れですか?」を押すとユーザー名の検索をおこなう画面が表示されます。

自身のユーザー名を入力するとパスワード変更のメールが送られるメールアドレスが表示されるので「続ける」を押します。

メールが送られて来たら指示に従いパスワードを変更し再度ログインをおこなってください。正しくパスワードが変更されていると問題なくTwitterを開始できます。

Twitterログイン認証の使い方

Twitterのアプリがアップデートされた事により、以前は限られた国でしか利用できなかったログイン認証が日本国内で利用可能になりました。

ログイン認証というのは、いわゆる二段階認証の一つとしてカテゴライズすることができ、Twitterのアカウントを乗っ取られないようにするために有効的です。
設定を完了させると、ログインする度にスマートフォンに通知が届きます。

公式アプリにおいては通知を元にして行われた作業の認可もしくは拒否を選ぶことが可能です。
二段階認証を有効にするのはとてもシンプルな操作で完了させられます。
Twitterのアプリを起動させ、設定からセキュリティに入りログイン認証という項目をオンにしましょう。

その後、確認を押して最終決定するとバックアップコードと呼ばれるコードが表示されるのでしっかりとメモし他人に知られないように大事に保管してください。

一通り手順を設定し終えた後はパソコンのブラウザからTwitterにアクセスして普段通りにログインしてみましょう。

いつもと同じ方法で自分のページにアクセスするので、全く使い心地に変化が生じることは無いのですが、スマートフォンにアカウントに入ろうとした旨が届くので、身に覚えがある場合は許可してください。

Twitterのログイン通知メールを止める方法

Twitterのログイン通知は基本機能として提供されていますが、止めることもできます。ログイン通知は通知メールで届きますが、それはTwitterの設定からメール通知で設定を変えることができます。

メール通知はログイン通知の他にもさまざまな通知方法が用意されており、セキュリティからユーザー補助までさまざまなタイプがあります。特にダイレクトメールをもらったり、リツイートやいいねなど自分のツイートについて動きがあった場合に教えてもらえる機能がよく利用されています。

ただし、リツイートについては1件づつメールが届きますので大量に行われてしまった場合はメールボックスも注意が必要であり、多くの場合、すぐにメール通知を止めてしまう方が多いようです。

各種メール通知の設定はWeb版のTwitterで行うのがよいです。アプリ側でもできるものもありますが、サードパーティ製の多くが設定には対応していないのでWebからログインして設定をする方が確実です。

Webからのログインについては履歴が残りますので、不正にアクセスされているようなら履歴もチェックしておきたいところです。

特に連携アプリからの利用は厳しくチェックし、不要なものはアクセス許可をしないことが大事です。

Twitterの不正ログインされた場合のパスワード変更方法

Twitterの不正ログインと言えばいわゆるアカウントが乗っ取られてしまった状態を指しますが、生じる障害は複数あります。

中には自分のアカウントであるのにも関わらずログインすることができない状態になってしまう事もあるほどです。

不正ログインされたものの、ログインに成功する事ができるのなら安全にアカウントを守り、不正行為を停止させられます。

そして、的確な対処を行うためにはどのような事案に見舞われているのかを見極める必要があります。

最もわかりやすいのは自分が投稿した記憶が無い内容がTwitterに書き込まれているといったものです。

そういった様子が見受けられた場合は、速やかにパスワード変更のための手順を進めていきましょう。

パスワード変更に向けて動き出すためには2つの方法があり設定からパスワードのカテゴリに進みパスワード変更を完了させるものと、一度ログアウトした後にパスワードリセットを申請する方法に分けられています。

また、Twitterはサードパーティと呼ばれる色々なアプリケーションやサービスと連携させられるのですが、同時に連携させているアプリケーションを見直してみましょう。
見覚えが無いサービスが連携されている場合は根本的原因の可能性があります。